きめ細かい肌

赤ちゃん肌の正体 きめが細かな理由

赤ちゃんの肌は、まさに肌の理想型とされています。
多分どんなスキンケアをしてもかなわないとされています。
赤ちゃんと大人の肌で決定的に違う点は、豊富な水分量です。

 

いつも汗をかいている赤ちゃんは、それだけ新陳代謝をしていることを意味します。
この新陳代謝は、新しい肌を作り上げて、老廃物を排出しています。
ということは、常に新しい細胞に包まれていることになり、きめが細かくなるのは当然のことでしょう。

 

ということは、大人も汗をかくことで、少しでも赤ちゃんに近づける?と思うところですが、これは大正解です。
水分をとって、運動をする。
この方法の汗のかき方は、赤ちゃん肌に近づくことができます。
赤ちゃんの肌の厚さは大人の半分しかありません。

 

外敵からの機能バリアもそれだけ薄い事になり、すぐにしっしん等もできやすいです。
この、すぐに表面にトラブルができるというのは、トラブルの原因を深層部に残さないことが、肌のきめを乱さない理由になります。
すぐにトラブルになってしまうこと、そして新陳代謝で直してしまうことで、肌サイクルが早いのも特徴の1つです。
そして、何よりも水分量がとても多いこと。

 

このことがきめの細かな肌を作り上げています。
内側からの水分が多いため、機能バリアが薄くても、肌表面の乾燥があったとしても、きめが細かなままでいることができます。
そのため、赤ちゃん肌になりたいのであれば、水分を多く含んでスキンケアにすることと保湿をバツチリ行なうことで 
きめの細かな赤ちゃんの用な肌になれるとされています。