きめ細かい肌

お尻の黒ずみと色素沈着の関係!こんな刺激が多いらしい!

身体の肌は刺激を受けるとメラニン色素で防御します。
その刺激が紫外線ならシミの原因ですが、お尻は紫外線を浴びることは少ないですよね。
そこで、何が刺激になるか?というと、下着や服の摩擦、デスクワークなどで体重が支えた上で、汗などで、メラニン色素が分泌されます。
シミになる場合も多いですが、その時は黒ずみができます。

 

また、風呂でナイロンたわしでゴシゴシ、使用している石鹸成分などもメラニン色素が分泌され、黒ずみや色素沈着ができてしまいます。
毛穴から角質などが分泌されたときに刺激を受け盛、アクネ菌があるとニキビになります。

 

何気なく洗っているお尻、かわいいパンツがナイロン製であるなど、実は刺激だらけなのです。
この摩擦による黒ずみは、摩擦黒皮症という病名が付くほどなのです。
摩擦黒皮症はそのままにしているとシミになりますが、色素がしっかりと定着するため、深い部分からのシミになり、改善されるまで時間がかかります。

 

案外と紫外線でできる顔のシミ以上の深刻ですね。
これには理由があり、お尻のセルフケアを積極的に行っている方は少ないかもしれませんね。
顔と同様にお尻専用の美容成分の入ったジェルやクリームがありますが、これらでスキンケアをすることで、深刻な黒ずみになるのを防ぐことができます。
黒ずみ対策にはこちらhttp://www.komglobal.info/
また、デスクワークで座る時間が長い方は、下着の素材を吸水性のある通気性の良い物にしたり、皮膚のターンオーバーを良くする生活習慣などをしてみましょう。
少しの心がけとケアで、お尻の黒ずみを防ぐことができ、色素沈着に悩まされることは少なくなるでしょう。