きめ細かい肌

本当の透明感はどこから?乾燥対策でわかる透明感

透明感のある肌というのは、光をたくさん乱反射ができる肌です。
これは、規則正しいきめに対して、光の跳ね返りがあることで実現します。
一方、透明感がなく、肌がくすんで見えるというのは、肌の奥の深層部が原因で、そこが劣化して肌全体を曇らせて変色してしまいます。
同時にきめも荒くなって、光を反射させることができない肌ということになります。

 

要するに、くすみははだそのものを変色させてしまっているわけではから、透明感もなく肌そのものが異質になってしまっているということになります。
そして、その原因が肌表面ではなく、深層部にあるという部分が大切なことになります。
ですから、本当に透明感のある肌にしたいときには、肌内部を潤すことが大切です。

 

乾燥肌の場合は、表面だけではなく、内部も水分がないことを表しています。
極端な話ですが、深層部が潤って、美容成分が十分にあることで、透明感のある肌になることがきます。
光がきちんと反射することができます。

 

きれいな肌というのは、肌の奥の奥まで、美容成分が詰まっていていることを言います。
くすみの原因も透明感の要因も深層部と言うことで、毎日確かなスキンケアが不可欠になります。
その年齢ではなく、年齢肌に合う不足している美容成分をスキンケアの中に組み入れることが何よりも大切になります。
自分にとっては、何が不足しているか、肌の見直しから、本物の透明感のある肌を作ることをお勧めします。