保湿化粧水

保湿化粧水定番ランキングno1

貴女は大丈夫?化粧水の正しい使い方をしてますか

 

保湿化粧水は、もちろん肌の保湿が一番の目的なのですが化粧水による効果はそれだけではありません。その前に、化粧水の正しい使い方をしてますか?
正しい使い方と言われても、洗顔してたっぷりと化粧水をつけるだけでは?
実は、その使い方、ちょっとマズいかもしれません。美容成分や保湿成分を含んだ化粧水というのはたくさんありますが、主成分は水です。顔につけたままにしておくと、当然、蒸発します。蒸発する際、水分は周りの熱を吸収する性質があります。そのため、本来肌に必要な水分も蒸発してしまう危険もあります。

 

何事にも「適量」があります

しかし、この適量が難しいところ。化粧水によっては500円玉くらいの大きさなどと表現していることもありますが、人それぞれ。適量の目安は、肌を触った時、しっとりしたもちもち感があり、手のひらが吸い付く感じ。これが肌が潤った状態、何度か試してみて自分の適量を見つけましょう。

 

正しい化粧水の使い方

洗顔で顔の汚れを落とす。洗顔料を泡立て、力は入れず優しくなでるように洗う。そして泡が残らないように念入りに洗い流す。余計な水分はタオルでふき取っておきます。
その後、化粧水の登場ですが、最初からたくさんの量をつけず、数回に分けて少しずつなじませるのがベストなつけ方。特に乾燥肌の人は、肌が水分を吸収する力が弱っているので注意が必要です。
最後には、乳液やクリームで蒸発を防ぐのも忘れずに。