セラミド美容液ランキング

効果のあるセラミド美容液ランキング

セラミド配合の美容液。実は原料によって違いがあるのご存知ですか

 

セラミドの種類とその働きについては先に述べた通りですが、美容液や化粧品などに配合されているセラミドには、原料によって大きく4つに分けられます。

 

天然セラミド

主に馬の脳や脊髄から抽出した動物由来のセラミド。人間の肌に浸透しやすく、保湿力に優れているのが特徴ですが、少しコストが高いのがデメリット。成分表示欄には、「ビオセラミド」「セレブロシド」などと記載されている。

 

バイオセラミド

ヒト型セラミドとも呼ばれ、酵母を利用して生成される。人間の体内にあるセラミドと良く似た化学構造をしていて、天然セラミドと同等の保湿力、浸透力がある。成分表示には「セラミド2」「セラミド3」と記載されている。

 

植物性セラミド

米、大豆、小麦、トウモロコシなど植物から抽出したセラミド。これらの植物からでは抽出量が少なく、価格も高くなってしまうのが難点。
近年、コンニャク芋にも植物性セラミドが含まれており、大豆や米に比べて安価で大量に生産できることがわかってきた。
さらに、コンニャク芋はアレルギー源になりにくい点も注目されている。成分表示欄には、植物セラミドなどと記載される。

 

合成セラミド

石油原料から化学合成されたもので擬似セラミドとも呼ばれる。天然セラミドやバイオセラミドなどと比べると効果は薄いとされる。
成分表示欄には、セラミドではなく「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」などと記載されている。